なぜか2日連続のいも掘り

10月19日、いも掘り遠足がありました。行き先は西区神出。晴天に恵まれ、楽しい1日となりました。

実は前日の18日、園庭でも、いも掘りがありました。なぜか2日連続です。翌日の「本当の」いも掘りの新鮮みがなくなる、と思われるかも知れません。しかし、勿論理由があります。農園では諸事情によって、つるを刈り、畝がほぼ丸坊主になった状態からのいも掘りなのです。でも本当のいも畑にはつるとたくさんの葉っぱがあって、その下にある土の中にいもが埋まっているわけです。

私たちは、そのことを知って欲しいと思ったのです。それで子どもたちと一緒に苗から育てたのです。きっと、農園のいもも同じように育ったことを感じたことでしょう。

(保護者、関係者専用のアルバムを作りました。合い言葉はようちえんネットと同じです)

e0209845_13545777.jpg

[PR]
# by chidorikids | 2011-10-20 13:56 | 日記

さら砂作り 

年長の子どもたちの間で、旬なのは泥団子作り。いい団子が出来ると、夜中にどこからともなく「金ぴかばーちゃん」がやって来て、黄金に輝かせてくれるのです。しかし、それは本当にいい団子の時だけです。形がいびつだったり、手を抜いているような団子には何も起きません。

だから一生懸命に、まん丸の団子を作ります。今日の午前中はそれに費やされました。そして出来た団子が写真です。本当に綺麗なまん丸でした。しかも表面がなめらか。これはさら砂を振っているからです。そのさら砂作りが、実は大変なのです。2枚目の写真をご覧いただくと分かります。表面に細かい凹凸のあるマットに砂をのせて、石粒などの粗い部分を落として、凹凸に残った、さらさらのものだけを集めます。この作業を繰り返すのです。

こうやって1時間も2時間も過ごすのです。出来上がった団子は本当に芸術品になります。きっと「金ぴかばーちゃん」が来てくれることでしょう。

e0209845_14285147.jpg


e0209845_1335611.jpg

[PR]
# by chidorikids | 2011-10-18 13:07 | 日記

運動会

10月8日、晴天に恵まれて、運動会が行われました。楽しい日となりました。

子どもたちの成長を感じます。また運動会が子どもたちを成長させていることを感じます。写真は年長児のパラバルーンの最後の挨拶です。ここに至る過程を知っているので感動しました。

今年の年長児は少し少ないのです。そんな中、練習ではお休みの子がいると更に少なくなります。子どもたちは全員揃わないと出来ないことを知りました。だから一回一回の練習を真剣にこなしました。当日は他のクラスも含めて欠席はゼロ。パラバルーンは見事な出来でした。ちょっと誇らしげな顔が分かるでしょうか。年少・年中から在園している子ばかりですので、体だけでなくて、心も大きくなったなぁ、と感じました。

*運動会のアルバム(http://30d.jp/sdg/23)を作りました。申し訳ありませんが保護者専用です。合い言葉はようちえんネットと同じです。
e0209845_8313864.jpg

[PR]
# by chidorikids | 2011-10-11 08:35 | 日記

いつまでも千鳥パパ、千鳥ママでいてください

今週の水曜日(5日)、こひつじ文庫(本の読み聞かせと貸出)のお楽しみ会がありました。紙芝居、ペープサート、歌、フルートとピアノの演奏と盛りだくさんでした。こひつじ文庫のお世話をしてくださっている方は、全員卒園児のお母さんです。10名程がスタッフです。中には乳飲み子と一緒に参加されている方もいらっしゃいます。

当園の特徴の一つは、お母さんを中心に卒園しても園や教会に関わり続けてくださっている方が多いことです。ガーデニングやコーラス、手作り、トーンチャイムなどのサークルも同じです。わざわざ電車に乗って垂水や明石から来てくださる方もあります。その中で仲良くなられて、生涯のお友だちになることもあります。バザーにお手伝いくださる、卒園児のお父さんもいらっしゃいます。

私はせっかくお子さんが千鳥に入られたのだから、お家の方も「保護者」を楽しんで欲しいと思っています。サークルの中で、子育ての先輩と出会うこともその一つです。どうぞいつまでも千鳥パパ、千鳥ママでいてください。

e0209845_11442682.jpg

[PR]
# by chidorikids | 2011-10-07 11:47 | 日記

子どもの仕事は・・・・

私の子どものころ、大人から「子どもの仕事は遊ぶことだ」と、よく言われました。しかし、だんだん大きくなるにつれて「子どもの仕事は勉強だ」と言われるようになりました。それはそうです。いつまでも遊んでいるわけにはいきません。

ただ最近、気になるのは「子どもの仕事は遊ぶことだ」と言われる期間が段々と減らされているように思うことです。人は子どもの時に思いっきり遊んで人間としての基礎を築くのです。

だから私たちの園では「幼稚園での3年間は、思いっきり遊ぶ」ということを方針にしています。幼児期にとってはとても大切なことです。でも「そんなこと当たり前」と、ちょっと皮肉な思いになるのです。

今の子どもたちは忙しすぎると感じています。小学生になれば、仕方がないことかも知れません。でも幼児期はとことん遊ばせてあげたい、と思います。思いっきり遊ぶことで、一つのことをやり抜く根気を養うとも言われています。

e0209845_20303423.jpg

[PR]
# by chidorikids | 2011-09-30 20:35 | 日記

神戸市須磨区の千鳥幼稚園です。保育の中で感じたこと、思ったことを、つれづれに書いています。1週間に1度程度更新できればと思います。


by chidorikids
プロフィールを見る
画像一覧