徒歩登園は大変だと思うこともあるけれど

今日、たまたま卒園児のお母さんと話をしていて気がつかされました。幼少期にとって歩くことと発育は大きく関係がある、というのはよく知られていることです。しかし、徒歩登園はそれだけではなくて現実的なメリットがあったというのです。当園に来ている子の多くは、卒園後西須磨小学校か北須磨小学校に行きます。特に北須磨小学校は坂道を歩かなければなりません。その練習を3年間の登園でしていたような気がする、というのです。

小学校に入ったら何が何でも歩いて行かなければなりません。しかもお家の方はいないのです。その点、幼稚園の時代は親御さんも一緒です。手を繋いで楽しく歩いて来れます。どうしえも歩きたくない日や雨の日は自動車や自転車を使ったらいいのです。それが許されるのも就学前だけだと思いませんか。
e0209845_13515780.jpg

[PR]
by chidorikids | 2014-10-02 01:42 | 日記

神戸市須磨区の千鳥幼稚園です。保育の中で感じたこと、思ったことを、つれづれに書いています。1週間に1度程度更新できればと思います。


by chidorikids
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る