<   2012年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

卒園しても・・・

3月15日、年長児は卒園しました。しかし、下記の写真は3月18日のもの。年長児が来ています。私たちの園は教会付属。卒園しても、ぜひ「こどもの教会」(昔の教会学校、日曜学校)に来て欲しいと思っています。実際、幼稚園の延長で来ている子が沢山います。そして、中には中学、高校、大学と続く子もいます。写真は子どもたちが一つずつ大きくなったことのお祝いの会です。卒園児のこどもの教会への歓迎会も兼ねています。

昨年のこどもの教会キャンプには、大学生と社会人の卒園児2人がお手伝いに来てくれました。卒園しても、ずっと千鳥の子なのです。たとえこどもの教会に連ならなくても、何か困ったことがあったら相談に来て欲しいと思っています。
e0209845_1622324.jpg

[PR]
by chidorikids | 2012-03-21 16:24 | 日記

お別れの時

3月16日、終園式に引き続き4人の教職員のお別れの会がもたれました。F先生は6年間の在籍。若い先生たちのリーダー的な存在でした。F先生を慕って、入園してくださった方も多くあったと思います。I先生は5年間、補助教諭をしてくれました。長い、熟練した経験の中で、担任をサポートする「補助」の役割に徹した姿はさすが。正に保育者の鏡。M先生は1年間だけでしたが、その温かい笑顔はいつも、子どもたちだけではなくて、保育者も和ませてくれました。新しい園に行きますが、同じように子どもたちからも、同寮からも好かれることでしょう。事務のKさんは、なんと21年の勤務。お誕生会の食事の準備、クラスに入れない子のサポートなど、事務の領域をはるかに超えて働いてくれました。その料理の腕はプロ級です。

スタッフに恵まれている。これが千鳥幼稚園の宝です。
e0209845_7191236.jpg

[PR]
by chidorikids | 2012-03-17 07:10 | 日記

旅立ち

今日、16人の年長児が卒園しました。友だち思いの、とっても優しい子どもたちでした。もちろん喧嘩もありました。でも、気がついたらすぐに仲直り。ゲームで負けても文句を言わない。負けた子を気遣う。そんな姿もありました。

卒園式の練習ではふざけていても、本番はちゃんとやり遂げました。パラバルーンの時も、クリスマスページェントの時も同じでした。君たちならば小学校に入っても大丈夫。

淋しいけれども、やっぱり嬉しい。お家の方も当園の良さをよく知っていてくださり、園長をやっている幸せを感じました。
e0209845_1738168.jpg

[PR]
by chidorikids | 2012-03-15 17:39 | 日記

お弁当の最後の日

年長児にとっては今日が、最後のお弁当。子どもたちを送ってきた、お母さんたちの話に耳をそばだててみました。「今日でお弁当最後だね」「昨日、何食べたいって聞いて、好きなもの入れてあげたの」「うちもよ」という会話が聞こえてきました。温かさを感じました。お弁当を毎日作るのは大変だったと思います。でも、子どもたちは、一生懸命に作ってもらったお弁当が大好きです。やっぱりお弁当って、お家の方と子どもたちをつなぐ、大切なものなのです。なんだか、ものすごく嬉しくなりました。

お弁当が最後だからといって写真を撮ったことはありません。でも今日はどうしても撮らなければならないという衝動にかられた幸せな日でした。因みに手前の子のお弁当箱の蓋の上にのっているのは、子どもたちが育てた野菜を炒めたものです。みんなで分けて食べました。ちょっと大人向きな感じがしますが、「おかわり」という声が飛び交っていました。
e0209845_20251999.jpg

[PR]
by chidorikids | 2012-03-13 20:31 | 日記

誕生会のごはん

当園には給食はありません。しかし、月に1度だけ、「給食」を出す日があります。それは誕生会。この日だけは園でオリジナルのごはんを用意しています。シェフは事務のKさん。いつもあたたかい、心のこもった、料理を作ってくれます。Kさんはこの3月末で退職することになっているので、今日は「最後の昼食」となりまいた。メニューはエビフライカレー。そのエビフライ、1匹1匹衣をつけて、揚げたのです。だからほくほくでした。しかも甲殻類にアレルギーのある子のためには、鳥のササミをエビ風にして揚げてくれました。見た目はまるでエビフライ! こんな手間がかかることを10年以上、毎月してくれたのです。だからいつも楽しいパーティーとなりました。(なお、お誕生会の手作り昼食は次年度も継続の予定です。)
e0209845_18582930.jpg

e0209845_1943741.jpg

[PR]
by chidorikids | 2012-03-07 19:06 | 日記

春とともに

もうすぐ今学期が終わります。この時期、感じるのは子どもたちが本当に遊べるようになっているということです。3歳児も写真のようにお友だちで、遊んでいます。実は3歳児には、このお友だちで遊ぶということが大変なのです。入園まではせいぜいお家の兄弟と遊ぶ程度。入園すると、知らない子が兄弟の何倍もいるのです。自分のおもちゃだと思っていたものを、他の子が勝手に使っているのです。そこで無言で無理矢理取り返す、小さな手でボカンとやってしまう、ということを繰り返すのです。勿論、「貸して」「いいよ」と言い合えるようになるのが、幼稚園に来る意味の一つです。でも、ここまで来るのに一苦労。子どもたちも、忍耐しているのです。だから本当に大きくなったな、と思います。
e0209845_1992315.jpg

[PR]
by chidorikids | 2012-03-02 19:12 | 日記

神戸市須磨区の千鳥幼稚園です。保育の中で感じたこと、思ったことを、つれづれに書いています。1週間に1度程度更新できればと思います。


by chidorikids
プロフィールを見る
画像一覧